さびにっき

錆つかないように、日々の記録

ピグマリオン通塾記 9月その1

初級グレード

 

 

 

童謡

桃太郎の歌でした。

5番くらいまであるの知らなかった!

家来は犬とサルとキジだよ、と絵を見せてもらう。

キジはわかってなさそう。他の鳥との違いがわかっていないような。 

 

 

マグプレート

プリント2枚。

だんだん補助線が浮かんでくるようになったんだろうか?

直角三角形の向きも完璧。

図形は得意で、パズルは楽しそうにできている。

 

 

 切り絵

コマの模様が細くて難しいけれど、慎重にクリア。

切れてしまうと、もう一度やりたがるので、一回でうまくいって良かった

最近の切り絵の宿題はハサミが得意な娘でも難しい絵柄で、切らない所を切ってしまって泣いていたので…

少し修正すれば良さそうでも、最初からやり直しては5回目くらい挑戦していた。

これはこれで長所なんだけど、他でも完璧主義で失敗したくない性格が最近目立つので、レジリエンス(折れない心、失敗しても大丈夫という気持ち)強化させてあげたい…

 

 

 同類図形

5つの図から同じものを2つ選ぶ問題。

微妙な大きさや高さ、細さ、角度など、大人でも難しいよ・・・

良く見比べていてえらい。

 

 

ヌマーカステン ウッディブロック

やはり5を基準としないとぱっと見でわからないようで、

ブロックで4+4は?と聞かれても、5+3に直さないと答えられない。

図形に比べて数は苦手そうだけれど、年少で取り組んでいるだけ頑張ってると思う。 

 

 

話の判断

お話を聞いて、問題に答える練習。

狐とクマとタヌキが雪だるまを作り、どちらがどちらより大きいとか小さいとかを聞いて、

一番大きい雪だるまを作ったのは誰?という問題でした。

大人の私もよく聞いていなかったらわからなくなったけど笑

娘は即答で答えてしかも正解!

これにはびっくりしました。

 

 

言語能力と図形能力は高いようで、うまく伸ばしてあげたいと思います。 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村