さびにっき

錆つかないように、日々の記録

数が数えられるようになったら双六がおすすめ

 

ボードゲームのススメ

ボードゲームは知育に良いそうです。

確かに、思考力、集中力、駒を使う場合は指先能力、相手がいるので対話力がレベルアップしそう。

 

と言っても、ルールを理解できる年頃にならないと難しいかもしれませんが…

 

娘は3歳なりたてくらいから双六(すごろく)のゲームで遊んでいます。

 

初めての双六

初めは、お子様ランチについていた景品の紙製すごろく。

みぃつけた!の柄でした。

サイコロがすぐどこかに行ってしまいましたが、マスを数えながら進めていました。

 

お気に入りの双六

そのうち夫が買ってきたのが、ドイツのボードゲームメーカー、ラベンスバーガーの双六です。

指示のあるマスはないので、一回休みとか何マス進むとかはありませんが、

サイコロで1が出ると絵柄カードを引き、

その絵柄のある位置までワープできます。

絵柄はカードになっているので、組み合わせが毎回変わります。

少しルールを変えて、サイコロで1を出した人がワープするかどうかは、引いたカードの絵柄を一番に見つけた人が決める、

という風にしたら絵柄探しも競ってするようになりました。

 

数を数える練習

サイコロの数を理解するのはもちろん、マスを進むときに数を数える練習になります。

 

幼児にとっては難しいんだな、と気付いたのは、現位置を1と数えてしまうこと。

現位置は0だよ、と何度か教えてやっと理解したようです。

 

すごろくは最大でも6数えれば良いので、数を覚えたての子にも適しているかなと思います。